中古自動車査定で押さえておくべきポイント【タイミングが重要】

車

車買い取り業者の見つけ方

大手何社かを当たるならWEBで検索して査定を依頼するのが簡単です。複数社依頼する予定なら一括査定サイトも利用してみましょう。別途詳細の査定は必要ですがネットで概算額を出してくれるところもあります。他にも自分の住んでいるエリアに根付いた買取業者を頼るのも手です。電話帳か地図で検索するか日頃少し気を付けてお店を探してみましょう。

車輪

査定時の注意点

査定額の算出には必ず根拠があるはずなのでしっかりと確認するようにしましょう。疑問点があればその場で聞いてしまうのが得策です。複数社を比較するときはそれぞれの評価ポイントを見て検討することが重要になります。重ねて減額の原因が自分で対処できることならば先に手を打っておきましょう。たとえば汚れているだけであれば車内の掃除や洗車を行えばそれで済みます。

運転する人

一括査定を利用するメリット

依頼したい会社にそれぞれ売りたい自動車の情報を送付して順番に回答を待っていては時間がかかります。複数社一気に依頼できる一括査定をぜひ利用してみましょう。ある程度詳細な情報は必要になりますが査定会社側がその中から必要な情報をピックアップして可能な範囲での概算額を出してくれます。その中で納得いく金額に近い何社かに正式な査定を依頼すれば手間が大幅に省けます。

事故車と不動車の違い

見た目に破損があるのが事故車

どこかにぶつけたなどして破損してしまった車が事故車です。見た目によるところが大きいので自走できるかを問いません。破損の状況がひどくて自走できるような車もこちらに含まれます。

自走できない車が不動車

目立った破損はないのに自走ができない車が不動車です。傷やへこみがなくともエンジンがかからなかったりシフトレバーが動かなかったりするなどの機能的な問題を抱えた車がこの状態にあたります。

故障していても買取可能な場合がある!

故障個所だけ直して販売することもあれば、廃車にはなるもののパーツとして部分的に使えるケースもあります。故障しているからと言ってすぐにすべてが廃棄とは限りません。業者によって評価方法も異なるので処分してしまう前に複数社当たってみましょう。

中古キャンピングカーの査定ポイント

タイヤ

年式が新しいものは評価が高い

一般に高年式と言われるものは登録してから3年以内のものです。新しいとみなされる高年式の車は今必要とされる機能が搭載されており、修理の必要性もそれほどないので業者からすると売りやすい車です。

走行距離がエンジン状態を左右する

キャンピングカーも例にもれず、中古車販売において走行距離が重視されることは変わりません。使っていないエンジンは高額評価につながります。走行距離が長い場合は少しでも手入れをして綺麗な状態で査定に出しましょう。

査定に出すタイミングも重要

需要のある時に高い金額で売れるのは車に限らず中古販売の世界でよく言われることです。キャンプに行くために利用するキャンピングカーは大型連休前に売れる傾向にあります。

細かい装備もそのまま残しておく

自分でつけた装備はそのまま残しておきましょう。付加価値を生み、全体の買い取り価格を上げてくれます。宮城県の東北キャンピングカーショーでしか見られないようなものがあったりするとそれだけで高評価です。

広告募集中